治験・臨床試験情報

治験・臨床試験情報案内

犬の腫瘍(がん)に対する免疫チェックポイント分子(PD-1)阻害抗体による臨床試験

  • 犬の様々な腫瘍(がん)に対する新規治療法として、免疫チェックポイント分子(PD-1)阻害抗体による臨床試験を行っております。
  • これまでの外科治療、抗がん剤治療、放射線治療とは全く異なる新しい治療法であり、分子標的療法に分類されます。抗PD-1抗体は、医療ではオプジーボ®、キートルーダ®という名前の薬剤としてがん治療に用いられていますが、犬用に開発した同様の薬剤です。
  • 対象となる腫瘍、試験内容などについての条件がございますので、ご興味ある方は水野(mizutaku@yamaguchi-u.ac.jp)までご一報いただきますよう宜しくお願い致します。

犬の腫瘍(がん)のウイルスを用いた新規治療に関する臨床試験

  • 犬の様々な腫瘍(がん)に対する新規治療法として、腫瘍溶解性ウイルスを用いた臨床試験を行っております。
  • これまでの外科治療、抗癌剤治療、放射線治療とは、全く異なる新しい治療法です。
  • 対象となる腫瘍、試験内容などについての条件がございますので、ご興味ある方は水野(mizutaku@yamaguchi-u.ac.jp)までご一報頂きますようよろしくお願い致します。

犬の腫瘍(がん)の新規抗がん剤による治験

  • 終了しました

犬のアレルギー用処方食の治療効果に関する臨床試験

  • 終了しました


先頭に戻る